top of page
No. 24(IGT トスカーナ・アンソニカ)2020年

麦わら色に近い濃厚なレモンイエローの白ワイン。しっかりとしたボリュームがありつつ、デリケートで丸みのあるアロマは、白桃、カリン、柑橘類の香りに、ハーブ、ユリなどの白い花、ミネラルの色合いを伴っているのが特徴です。口当たりは滑らかで、生き生きとした柑橘系のノートが感じられつつドライな輪郭を保つフィニッシュ。

 

空、海、大地が一体となった息を呑むほど美しいパノラマ。アンソニカ24のワインに使用されるブドウは、そんなトスカーナ州グロッセート近郊のマレンマの素晴らしい海岸線にある古代のブドウ畑で大切に育てられています。

No. 24(IGT トスカーナ・アンソニカ)2020年

¥5,500価格
消費税込み
7月初旬から中旬を予定
  • 品種

    アンソニカ100%

  • 生産地

    パリーナ(オルベテッロ)

  • テロワール特色

    土壌はほとんどが砂質、一部粘土とローム(粘土室の高い土壌)にてグイヨー式を採用しています。
    自然のサイクルやブドウの木とその環境を尊重した農法を採用。有機肥料のみを使用し、害虫対策は銅と硫黄の処理のみ。収穫は、9月の後半。

  • 醸造

    全体の10%はアルコール発酵促進のスターター、”pied de cuve”として使用し、1週間発酵。残りのグレープの温度を19℃にコントロールし、白ワインとなります。その後、ワインはステンレスタンクで3ヶ月間、細かい澱とともに熟成。収穫後の春にデカンテーションを行い、瓶詰めします。

  • 相性の良い料理

    カクテルや前菜、山羊のチーズ、白身の肉や魚のメインディッシュ、グラタンなどのソースを添えた料理など。

  • サービング適温

    12° C

bottom of page